メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特撮・アニメ対談

「ゴジラ」シリーズ 一転した評価 (上)

特撮とアニメの現状や未来について話すアニメコラムニストの小新井涼さん(左)と特撮評論家の神谷和宏さん=提供写真

 一昨年は映画「シン・ゴジラ」や「君の名は。」が大ヒットし、昨年は「GODZILLA 怪獣惑星」など特撮とアニメが融合した作品も登場した。今年もすでに特撮「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」やアニメ「ポプテピピック」がネット上の話題をさらうなど元気だ。ともに北海道大大学院の国際広報メディア・観光学院博士後期課程に在籍する特撮評論家の神谷和宏さんとアニメコラムニストの小新井涼さんに、ゴジラを中心に、特撮とアニメの今年の展望などを聞いた。【聞き手・大村健一/統合デジタル取材センター】

 --特撮、アニメ両業界の最近の傾向は。

この記事は有料記事です。

残り2573文字(全文2844文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. 今週のあなたには帰る家がある 最終話 中谷美紀が“夫婦交換宣言”! 宿敵・木村多江と最後の戦い…
  5. 転落死 1歳児、3階出窓から? 大阪のマンション

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]