メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特撮・アニメ対談

ポプテピピック、W戦隊…一押しは?(下)

特撮とアニメの現状や未来について話すアニメコラムニストの小新井涼さん(左)と特撮評論家の神谷和宏さん=提供写真

 2018年は年明けから特撮、アニメの話題作が目白押しだ。4コマ漫画をアニメ化した「ポプテピピック」は従来の枠を壊す破天荒な仕上がりで、ツイッターなどSNSを通じて評判となり、2月から放送予定の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」は、シリーズ42作目で初めて二つの戦隊が登場する「W戦隊」として注目を集めている。また、「デビルマン」「マジンガーZ」など漫画家・永井豪さんの代表作が次々にアニメ化され、ウルトラマンに関する作品も相次いで公開が予定されており、古くからのファンも楽しめそうだ。ともに北海道大大学院の国際広報メディア・観光学院博士後期課程に在籍する特撮評論家の神谷和宏さんとアニメコラムニストの小新井涼さんが「今年の一押し」を語り合った。【聞き手・大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2226文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです