メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災訓練

聴覚障害者も地震に備え 明石で40人参加 音声頼れず「地域で課題共有を」 /兵庫

地震を想定した防災訓練で屋外へ避難する聴覚障害者ら=兵庫県明石市貴崎1の市立総合福祉センターで、浜本年弘撮影

 明石市は20日、聴覚障害者を対象にした地震想定の防災訓練を市立総合福祉センター(明石市貴崎1)で行った。聴覚障害者は、防災無線やサイレンなどの「音声情報」に頼れない。訓練は災害対応力を向上させるのが目的で、避難経路の安全確認や家族らへの安否連絡の方法などに取り組んだ。【浜本年弘】

 市内の聴覚障害者12人をはじめ、手話通訳者、要約筆記者、市職員ら計約40人が参加。聴覚障害者が対象の訓練は3回目で、誘導などの支援は必要時にとどめる方法で行った。

 聴覚障害者の会合中に震度6強の地震が起きた想定。室内灯の消灯などを地震発生の合図に、聴覚障害者は一…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです