メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

芦屋の米津さん、心に寄り添う薬剤師へ 兄と姉の分も PTSD学び語り継ぐ /兵庫

薬学の勉強の合間に友人と談笑する米津英さん(中央)=神戸市東灘区の神戸薬科大で、石川勝義撮影

 阪神大震災で兄と姉が亡くなり、その後に生まれた芦屋市の米津英(はんな)さん(20)が「人を助ける仕事がしたい」と神戸薬科大薬学部で薬剤師を目指して学んでいる。成人式を迎えた今年の17日。英さんは、兄の母校の精道小学校と姉が通っていた精道幼稚園を訪れ、「20歳になりました。しっかりと自立できるように頑張ります。見守っていて下さい」と報告した。そして夢も語った。「心が傷付いた人に寄り添える薬剤師になりたい。薬学も大変ですが、頑張ります」

 兄の漢之(くにゆき)さん(当時7歳)と姉の深理(みり)さん(当時5歳)は震災当時、父勝之さん(57…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです