メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

芦屋の米津さん、心に寄り添う薬剤師へ 兄と姉の分も PTSD学び語り継ぐ /兵庫

薬学の勉強の合間に友人と談笑する米津英さん(中央)=神戸市東灘区の神戸薬科大で、石川勝義撮影

 阪神大震災で兄と姉が亡くなり、その後に生まれた芦屋市の米津英(はんな)さん(20)が「人を助ける仕事がしたい」と神戸薬科大薬学部で薬剤師を目指して学んでいる。成人式を迎えた今年の17日。英さんは、兄の母校の精道小学校と姉が通っていた精道幼稚園を訪れ、「20歳になりました。しっかりと自立できるように頑張ります。見守っていて下さい」と報告した。そして夢も語った。「心が傷付いた人に寄り添える薬剤師になりたい。薬学も大変ですが、頑張ります」

 兄の漢之(くにゆき)さん(当時7歳)と姉の深理(みり)さん(当時5歳)は震災当時、父勝之さん(57…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです