映画

「スティールパンの惑星」 楽器の誕生と現在描く 神戸映画資料館で上映 26日から /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 捨てられたドラム缶から生まれた楽器「スティールパン」を“主人公”とした映画「スティールパンの惑星」が26日から、神戸映画資料館(神戸市長田区腕塚町5)で県内初公開される。

 スティールパンはドラム缶を切って作られた音階のある打楽器。「世界で一番新しいアコースティック楽器」とも言われる。スティールパンが生まれたカリブ海の島国、トリニダード・トバゴの2015年作品で、再現ドラマとドキュメンタリーを組み合わせ、この楽器の誕…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集