メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

元警察官、見回り14年(その1) 東尋坊、命の番人

東尋坊でパトロールするNPO「心に響く文集・編集局」代表の茂幸雄さん=福井県坂井市で2017年11月、小関勉撮影

 冬の日本海の荒波が岩に砕かれ、高い水しぶきが上がる。2017年11月の週末。福井県坂井市の景勝地・東尋坊(とうじんぼう)で、茂幸雄(しげゆきお)さん(73)がいつも通り周囲を念入りに見渡す。

 観光客でにぎわう一帯からそれた岩場まで歩くと、双眼鏡をのぞき込み、先端が平らになった小高い岩を指さした。「以前、あの岩で寝そべっていた人もいた。誰かに声をかけてほしいというメッセージですよ」。冷たい風が吹き付ける中、周辺を約1時間歩いて見回ると「今日は無し。良いことやね」。事務所を兼ねる喫…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 新型コロナ 自宅療養中21人死亡 12月以降10都府県

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです