メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

教員の働き方改革 負担軽減へ、部活外部化 「自主活動」でも全員顧問

 文部科学省は、昨年12月に公表した教員の働き方改革に関する緊急対策に基づき、部活動の指導の担い手を将来的に学校から地域に移行させる検討を始める。部活動の外部化は、長時間勤務が問題になっている教員の負担軽減につながる。一方、指導者の確保が難しく、保護者の負担が増える懸念もあり、実現に向けての課題は多い。【伊澤拓也】

 「部活動は教員の本来業務ではないことを明確に盛り込むべきだ」

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです