メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深まる分断

トランプ政権1年/下 国務長官もツイート注視 世界揺さぶる「独断」

ゴルフ場からの帰りの移動中、車の後部座席に座って携帯電話を操作するトランプ米大統領=米南部フロリダ州パームビーチで2017年2月、AP

 「大統領がツイッターに投稿するたび、部下が紙に印刷し手渡してくれるんだ」

 今月17日に米西部カリフォルニア州の大学で講演したティラーソン国務長官が苦笑いしつつ、明かした。トランプ大統領がいつ、何を発信するか分かるすべはない。だから「ツイートを見て、外交政策にどう落とし込むか考える。最初は戸惑った」という。

 すべての政策は米国第一主義に基づく--。こう宣言したトランプ政権のこの1年は、外交・安全保障政策も…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです