メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

元警察官、見回り14年(その2止) 最後の救いの手に

自殺志願者が持っていたロープやカミソリなどを見るNPO「心に響く文集・編集局」代表の茂幸雄さん=福井県坂井市で2017年11月11日、小関勉撮影

 

 ◆自殺防止の活動を率いる茂幸雄さん

一通の手紙に衝撃

 北陸の景勝地、東尋坊(とうじんぼう)(福井県坂井市)で自殺しようとする人を保護している茂幸雄(しげゆきお)さん(73)は2004年3月まで42年間、福井県警で警察官を務めた。

 「トッポウのシゲ」。同僚にそう呼ばれた。マルチ商法や薬物事犯など生活経済犯罪の捜査を長く手がけ、旧薬事法や廃棄物処理法といった「特別法」を読み込み立件に持ち込む能力に定評があった。「捜査のコツは協力者をいかに作るか。人間関係を作っておけば、アンテナとなって情報をくれた」

 転機が訪れたのは、定年退職前の03年春。最後の職場となった三国署(現・坂井西署)に、副署長として着…

この記事は有料記事です。

残り4658文字(全文4960文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです