メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『史上最悪の英語政策-ウソだらけの「4技能」看板』/『英語教育の危機』

 ◆『史上最悪の英語政策-ウソだらけの「4技能」看板』阿部公彦著(ひつじ書房・1404円)

 ◆『英語教育の危機』鳥飼玖美子著(ちくま新書・842円)

「ペラペラ信仰」そろそろ捨てよう

 国難である。原発のことでもなければ、北朝鮮のことでもない。英語教育の問題だ。ある国の繁栄も強さも、長い目で見ればその土台となるのは、次の世代の教育である。それがいま大変なことになっている。

 現在、文部科学省が強力に推し進めている改革によって、小学校ではすでに英語教育が始まり、今後本格化す…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです