メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『史上最悪の英語政策-ウソだらけの「4技能」看板』/『英語教育の危機』

 ◆『史上最悪の英語政策-ウソだらけの「4技能」看板』阿部公彦著(ひつじ書房・1404円)

 ◆『英語教育の危機』鳥飼玖美子著(ちくま新書・842円)

「ペラペラ信仰」そろそろ捨てよう

 国難である。原発のことでもなければ、北朝鮮のことでもない。英語教育の問題だ。ある国の繁栄も強さも、長い目で見ればその土台となるのは、次の世代の教育である。それがいま大変なことになっている。

 現在、文部科学省が強力に推し進めている改革によって、小学校ではすでに英語教育が始まり、今後本格化す…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです