メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

かるたで学ぶ感染症 46疾患の基礎知識、初級編と上級編

 うつる病気、感染症の知識をかるたで身に着けてほしいと、感染症教育に力を入れている岡田晴恵白鴎大特任教授(公衆衛生学)が「感染症カルタ」を自費製作、このほど発売された。

 おたふくかぜやプール熱のように子どもに身近な病気から、近年海外で深刻な問題になったエボラ出血熱やジカ熱まで計46種類。岡田さんが「これからの時代、ぜひ知っておいてほしい」と考える感染症を1枚ずつ取り札にした。

 読み札は「アフリカの風土病だよエボラ熱 都市に入って飛行機に乗って」「ワクチンで風疹感染防ぎましょ…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです