メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百済寺

僧坊酒444年ぶりに復活 鏡割りで祝う 滋賀

稲刈りから協力してきたオーナーたちと「百済寺樽」の鏡割りをする比嘉さん(前列右から3人目)=滋賀県東近江市池田町の喜多酒造で2018年1月20日、金子裕次郎撮影

 織田信長の焼き打ちにより醸造の歴史が途絶えていた百済寺(滋賀県東近江市百済寺町)の僧坊酒「百済寺樽(ひゃくさいじだる)」が20日、444年ぶりに復活した。昨年11月から酒仕込みに当たっていた喜多酒造(同市池田町)に、酒米の田植えから稲刈りまで支援してきた「復活オーナー」11人が集合。鏡割りで祝った後、蔵出しされた原酒を試飲し、待ちかねた味わいに笑顔が広がった。【金子裕次郎】

 百済寺樽は聖徳太子創建の同寺で作られ、室町時代には朝廷や幕府にも献上されたほどの銘酒だったという。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです