はがき

小2男子が全国最高賞 主治医に宛てた残暑見舞い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「総務大臣賞」に輝いた松本琉希さんが書いたはがき=日本郵便提供
「総務大臣賞」に輝いた松本琉希さんが書いたはがき=日本郵便提供

 日本郵便の2017年度「はがきコミュニケーション全国発表大会」で、愛媛県新居浜市立角野小2年、松本琉希(りゅうき)さん(8)が書いた残暑見舞いはがきが、小学校低学年の部で最高賞の「総務大臣賞」に輝いた。2月4日に東京都千代田区のJPタワー・KITTEで表彰される。【近藤隆志】

 3歳のときに腎臓の難病「ネフローゼ」と診断され、自宅療養をしながら通学している松本さん。はがきは5年以上にわたって治療を受けている主治医の女性宛てに初めて出したもので、高知県香美市の「龍河(りゅうが)洞」で兄や家族、大阪の幼なじみらと鍾乳洞の「冒険ツアー」をした夏休みの思い出を素直に書いた。

 1年生だった16年度にも中国・四国地方の西側と九州・沖縄のブロックで最優秀賞を受賞しており、「母から『いちばんを取ったよ』と教えられ、頑張ったのでうれしかった」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文838文字)

あわせて読みたい

注目の特集