メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地ソング

久留米大の4人組バンド、地元愛を表現

自主制作したアルバムを手にするGLAMOROUSのメンバーたち=福岡県久留米市東合川で、中村清雅撮影

 福岡県久留米市の久留米大の学生らでつくる4人組バンド「GLAMOROUS(グラマラス)」がオリジナルの“ご当地ソング”を収録したアルバムを自主制作した。

     バンドは2015年、まちおこしを実践的に学ぶ「地域学演習」の履修生で結成。授業の一環で曲を作ったところ学内などで評判となり、現在も活動を続けている。

     「久留米ってどこ」と自虐的歌詞を交えつつ「高良大社でお参りしよう」などと地元愛を表現。市外でもライブを開き久留米とバンドを「ビッグに」と夢を描く。【中村清雅】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
    2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
    3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
    5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]