平昌五輪

北朝鮮参加、IOC承認 3競技に22選手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
署名した書類を手にする(左から)北朝鮮オリンピック委員会の金日国委員長、IOCのバッハ会長、韓国の都鍾煥・文化体育観光相=2018年1月20日、AP
署名した書類を手にする(左から)北朝鮮オリンピック委員会の金日国委員長、IOCのバッハ会長、韓国の都鍾煥・文化体育観光相=2018年1月20日、AP

 国際オリンピック委員会(IOC)は20日、北朝鮮を来月9日に開幕する平昌冬季五輪に参加させることを正式に承認した。20日、スイス・ローザンヌの本部で開いた韓国、北朝鮮、大会組織委員会との4者会談で決めた。スキー、スケート、アイスホッケーの3競技に22選手、コーチ・役員24人の選手団を派遣する。アイスホッケー女子で五輪では初めて合同チームを組むことや、開会式で2006年トリノ五輪以来となる「統一旗」で合同入場行進することも認められた。

 4者会談には韓国の都鍾煥・文化体育観光相、北朝鮮オリンピック委員会の金日国委員長(体育相)や組織委の李熙範会長らが出席。入場行進のチーム名は「コリア」で南北の男女各1人が旗手を務めるなどとした合意文書に調印した。北朝鮮の冬季五輪参加は2大会ぶり。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文850文字)

あわせて読みたい

注目の特集