メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通常国会

召集 発議へ憲法審焦点 高プロ、与野党対決

 第196通常国会が22日召集された。政府・与党は2017年度補正予算案と18年度予算案を早期に成立させたうえで、安倍晋三首相が重視する「働き方改革」関連法案や、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の成立を図る。憲法改正案の発議に向け衆参両院の憲法審査会で議論がどこまで進むかが焦点。会期は6月20日まで150日間。

 首相は22日午前、自民党両院議員総会で「最大の焦点は働き方改革だ。しっかりと成し遂げたい。憲法改正…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです