メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

降雪

東日本、大雪の恐れ 都心積雪も 交通機関に影響

雪の降る中、傘を差して歩く人たち=東京都八王子市で22日午前10時42分、渡部直樹撮影

 気象庁は22日、日本列島の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、23日明け方にかけて東日本や東北地方で大雪になる恐れがあると発表した。関東甲信地方の降雪は22日夜にかけてがピークとなり、東京23区でも積雪の可能性がある。気象庁は路面凍結や交通の乱れなどに警戒を呼びかけている。

 同庁によると、22日は前線を伴った低気圧が日本列島の南岸を発達しながら進み、同日夜には伊豆諸島を通過するため、西日本から東北の広い範囲で雪が降る見通し。

 南岸低気圧の通過後は、西高東低の冬型の気圧配置が27日ごろまで続く見通しという。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  3. フジ三田友梨佳アナ、磯野貴理子の離婚理由に「女性として一番言われてつらい言葉」(スポニチ)
  4. 即位とは何か 天皇の血筋が意味するもの
  5. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです