メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

浅田次郎さん、三宅裕司さん対談 やり直しきいた幸せな時代 『おもかげ』主人公と同じ1951年生まれ

浅田次郎さん=西本勝撮影

 ある男の哀切な人生を描いた浅田次郎さんの『おもかげ』(毎日新聞出版)が刊行された。主人公・竹脇正一は定年を迎えた送別会の帰りに倒れ、病院に伏せったまま不思議な女性に導かれて人生を振り返っていく。この竹脇、実は浅田さんと同じ1951年12月東京生まれの設定だ。そこで、映画化された浅田作品『壬生義士伝』に出演したことのある同い年で東京生まれの俳優、三宅裕司さんを迎え、育ってきた時代を、そして自身の世代を語り合ってもらった。【構成・内藤麻里子、写真・西本勝】

 三宅 実家が毎日新聞社からすぐそこの神田神保町(東京都千代田区)にあったんです。

この記事は有料記事です。

残り2849文字(全文3119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです