メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

浅田次郎さん、三宅裕司さん対談 やり直しきいた幸せな時代 『おもかげ』主人公と同じ1951年生まれ

浅田次郎さん=西本勝撮影

 ある男の哀切な人生を描いた浅田次郎さんの『おもかげ』(毎日新聞出版)が刊行された。主人公・竹脇正一は定年を迎えた送別会の帰りに倒れ、病院に伏せったまま不思議な女性に導かれて人生を振り返っていく。この竹脇、実は浅田さんと同じ1951年12月東京生まれの設定だ。そこで、映画化された浅田作品『壬生義士伝』に出演したことのある同い年で東京生まれの俳優、三宅裕司さんを迎え、育ってきた時代を、そして自身の世代を語り合ってもらった。【構成・内藤麻里子、写真・西本勝】

 三宅 実家が毎日新聞社からすぐそこの神田神保町(東京都千代田区)にあったんです。

この記事は有料記事です。

残り2849文字(全文3119文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]