歌舞伎

「新春浅草歌舞伎」「初春歌舞伎」 松也の綱豊さっそう=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「新春浅草歌舞伎」は若手花形が活躍。1部は「御浜御殿綱豊卿」が見もの。松也の綱豊が、巳之助の助右衛門の攻めを最初はいなしながら、徐々に心を揺さぶられていくところをうまく出した。さっそうとし、品もある。巳之助は敵討ちを願う赤穂浪士の思いを見せた。錦之助の新井勘解由、米吉のお喜世、新悟の江島と周囲もそろう。

 2部の見ものは「引窓」。歌昇の南与兵衛が義母お幸(歌女之丞)の思いをくみ取る懐の深さを出した。松也は情と義理に引き裂かれそうになる濡髪の心情を丁寧に表現。米吉のお早が色気があって初々しい。歌女之丞に情味がある。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文612文字)

あわせて読みたい

注目の特集