メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

大砂嵐が追突事故 「自分が運転」 無免許運転容疑で捜査

大砂嵐

 大相撲の西十両8枚目の大砂嵐関(25)=本名アブデルラフマン・シャーラン、エジプト出身、大嶽部屋=が、長野県内で車を運転中に追突事故を起こしていた問題で、大砂嵐関が同県警に対し「自分が運転した」と認めていることが22日、捜査関係者への取材で明らかになった。大砂嵐関の弁護士によると、大砂嵐関は妻が運転していたと日本相撲協会に説明しているが、県警は大砂嵐関本人が運転していたとみて、道交法違反(無免許運転)容疑で捜査している。

 捜査関係者らによると、事故は今年1月3日、同県山ノ内町の奥志賀高原スキー場の駐車場付近で発生。現場に駆けつけた警察官に、当初は「妻が運転していた」と説明したが、その後、自分が運転していたことを認めたという。追突された車の乗員らも「大柄な外国人が運転席から出てくるのを見た」と証言しているという。弁護士によると、大砂嵐関は国際免許を持っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです