メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

秦野市長選 市長に高橋氏 現職を破り初当選 /神奈川

 任期満了に伴う秦野市長選は21日投開票され、無所属新人の元同市福祉部長、高橋昌和氏(61)が、無所属で4選を目指した現職の古谷義幸氏(70)を破り、初当選を果たした。投票率は40・56%で、前回の39・62%を上回った。当日有権者数は13万4750人(男6万7289人、女6万7461人)。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  2. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです