メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合
号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
悼む

元プロ野球選手・監督 星野仙一さん=1月4日死去・70歳

=2012年3月、石井尚撮影

「男気の美学」貫く 星野仙一(ほしの・せんいち)さん=膵臓(すいぞう)がんのため、1月4日死去・70歳

 世人にあまり知られていない逸話がある。白血病で逝去した愛妻・扶沙子さん(享年51)にまつわるものだ。

 夫人は広島生まれで慶大卒の才媛。一つ年上の姉さん女房だった。思い合いが深まるころ、<胎内被爆>の不安があることを告げて身を引こうとした。星野は頑として応ぜず思いを遂げたという。

 筆者は早大野球部。明大野球部で1学年下の彼とは記者になってから身近になった。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです