連載

車で社会復帰

自動車運転への復帰支援の動きを「車で社会復帰」と題して随時お伝えします。

連載一覧

車で社会復帰

訪問リハビリで運転再開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
実車評価に取り組む男性(右端)。作業療法士の永島匡さん(中央)と教習所の山田浩・教習部統括課長が見守る=神奈川県座間市の都南自動車教習所で
実車評価に取り組む男性(右端)。作業療法士の永島匡さん(中央)と教習所の山田浩・教習部統括課長が見守る=神奈川県座間市の都南自動車教習所で

 脳卒中のリハビリを終えた人が自動車運転を再開する際、訪問リハビリによる支援が始まっている。病院から独立した立場で援助するほか、入院中の状態が悪く運転再開まで至らず、退院後に回復した場合にも利用者を支えている。

 ●地域の中で支援

 「緊張しました」。男性(55)はほっとした表情で都南自動車教習所(神奈川県座間市)での実車能力評価を終えた。昨年4月に脳卒中になり、リハビリ病院に入院。入院中は腕が上がらなかった。体が十分回復せず、注意障害も少しみられ、運転再開には至らなかった。

 住宅設備の自営業を営むこの男性が仕事に戻るには、自動車の運転再開が欠かせない。10月に退院した後は自宅でリハビリに取り組み、運転に挑戦できるまで回復。入院していた病院の紹介により「ビーケア訪問看護リハビリステーション」(東京都町田市)で「自動車運転支援プラン」を受けることになった。作業療法士の永島匡さん(33)が自宅を訪れ、神経心理学上の検査を実施。停車した車両でハンドル操作能力を確認したうえで…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集