メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車で社会復帰

訪問リハビリで運転再開

実車評価に取り組む男性(右端)。作業療法士の永島匡さん(中央)と教習所の山田浩・教習部統括課長が見守る=神奈川県座間市の都南自動車教習所で

 脳卒中のリハビリを終えた人が自動車運転を再開する際、訪問リハビリによる支援が始まっている。病院から独立した立場で援助するほか、入院中の状態が悪く運転再開まで至らず、退院後に回復した場合にも利用者を支えている。

 ●地域の中で支援

 「緊張しました」。男性(55)はほっとした表情で都南自動車教習所(神奈川県座間市)での実車能力評価を終えた。昨年4月に脳卒中になり、リハビリ病院に入院。入院中は腕が上がらなかった。体が十分回復せず、注意障害も少しみられ、運転再開には至らなかった。

 住宅設備の自営業を営むこの男性が仕事に戻るには、自動車の運転再開が欠かせない。10月に退院した後は…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1255文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです