連載

記者ノート

毎日新聞デジタルの「記者ノート」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

記者ノート

イクヤマイマイ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大学入試センター試験の地理Bに登場した「ムーミン」の問題が物議を醸している。アニメと舞台になった国の言語の組み合わせを選ぶ設問で、ムーミンはフィンランド語が正解だ。アニメに疎い受験生は面食らったかもしれない。試験後はインターネットに「悪問だ」と書き込まれ、ある大学の准教授は「ムーミンの舞台は明示されていない」と指摘した。

 しかし、実際に解いてみれば、アニメの知識は必要ないことが分かる。もう一つのアニメの主人公のバイキングがノルウェーに関連し、例示されたスウェーデン語とノルウェー語が似ていることに気付けば正解にたどり着ける。求められたのは言語区分に関する知識と、論理的な思考力だ。2020年度に始まる大学入学共通テストを意識した問題だと思う。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文536文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集