メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

女性活躍へ乗り出す建設業

土壌の浄化対策について現場の所長らと話し合う仁井直子さん(右から2人目)=東京都豊島区で

 女性の就労が少ない建設業だが、労働力不足のなか、働き方や職場の慣行を見直し、現場の女性技術者活用に力を入れる企業が増えてきた。工期や費用とも関連するため、業界を挙げて取り組もうとしている。

 ●カバー態勢を構築

 竹中土木(東京都江東区)で土壌環境対策を担当する仁井直子さん(38)は昨年3月から東京都豊島区の解体・土壌対策工事現場で実務全般をまとめる監理技術者を務める。

 同業他社で働く夫との間に9歳から2歳まで3人の子どもがいる。朝5時に起きて7時半に現場到着。保育所…

この記事は有料記事です。

残り1849文字(全文2084文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  2. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ
  3. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
  4. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表
  5. 自民 竹下亘氏「辞めるのも一つだ」麻生財務相の責任で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]