メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

女性活躍へ乗り出す建設業

土壌の浄化対策について現場の所長らと話し合う仁井直子さん(右から2人目)=東京都豊島区で

 女性の就労が少ない建設業だが、労働力不足のなか、働き方や職場の慣行を見直し、現場の女性技術者活用に力を入れる企業が増えてきた。工期や費用とも関連するため、業界を挙げて取り組もうとしている。

 ●カバー態勢を構築

 竹中土木(東京都江東区)で土壌環境対策を担当する仁井直子さん(38)は昨年3月から東京都豊島区の解体・土壌対策工事現場で実務全般をまとめる監理技術者を務める。

 同業他社で働く夫との間に9歳から2歳まで3人の子どもがいる。朝5時に起きて7時半に現場到着。保育所…

この記事は有料記事です。

残り1849文字(全文2084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. プロ野球CS さえ渡る継投策 ソフトバンク・工藤監督
  5. プロ野球 巨人・上原が膝手術へ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです