メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

全日本選手権 14歳張本、圧巻の成長 男女10代頂点、東京へ弾み

男子シングルス決勝で水谷(奧)からポイントを奪い雄たけびを上げる張本=和田大典撮影

 東京体育館で行われていた卓球の全日本選手権は最終日の21日、男子シングルスで14歳の張本智和(エリートアカデミー)、女子シングルスも17歳の伊藤美誠(スターツ)と、10代選手の優勝で幕を閉じ、2年後の東京五輪に向けて若い力の台頭を印象づける大会となった。

 最年少優勝記録を作った張本は、28歳の水谷隼(木下グループ)が目指した5年連続10回目の優勝を阻んだ。伊藤も5回目のタイトルを狙った24歳の石川佳純(全農)を準決勝で降し、決勝では同い年の平野美宇(エリートアカデミー)を降した。伊藤は森薗政崇(明大)と組んだ混合ダブルス、同じ17歳の早田ひな(日本生命)と臨んだ女子ダブルスと合わせて出場3種目すべてを制覇。女子では1960年度の山泉和子、2015年の石川に次ぎ、3人目の3冠を獲得した。

この記事は有料記事です。

残り2070文字(全文2418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです