選挙

福島・南相馬市長選 「脱原発」の現職が落選 「政府と対決」批判票

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う福島県南相馬市長選が21日投開票され、自民・公明系市議らの支援を受けた元市経済部長の新人、門馬和夫氏(63)が、3選を狙った現職、桜井勝延氏(62)を破って初当選した。桜井氏は東京電力福島第1原発事故後、「脱原発」を掲げて政府の原発再稼働路線を批判してきた。(2面に確定得票数)

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文360文字)

あわせて読みたい