メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯

 気象庁は21日、日本列島の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、22日昼ごろから23日朝にかけて関東甲信地方や東北地方太平洋側で大雪になる恐れがあると発表した。山沿いだけでなく平野部でも雪が積もる見通しで、東京23区でも数センチ程度の積雪が予想されるという。

 気象庁によると、22日は低気圧が九州地方南部から関東地方南岸に向かって発達しながら進み、太平洋側に寒気を引き込むため、広い範囲で雪となる見通し。関東甲信の降雪のピークは22日夕から夜で、帰宅時間帯と重なる恐れがある。23日朝は氷点下まで冷え込む予想で、気象庁は路面凍結や交通の乱れに警戒を呼びかけている。

 23日正午までの24時間予想降雪量は多いところで、甲信、関東北部の山沿い、神奈川・箱根、埼玉・秩父20~50センチ▽東北太平洋側20~40センチ▽関東平野部10~40センチ。都内は多摩20~50センチ▽東京23区5~10センチ--と予想されている。南岸低気圧の通過後は強い寒気が流れ込み、西高東低の冬型の気圧配置が強まる見込み。【金森崇之】

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです