メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/1 被写体、誰であろうと 「焼き場に立つ少年」捜し続け 深堀好敏さん(88)

「焼き場に立つ少年」が収録された写真集を眺め、撮影場所の見解を語る深堀さん

 ローマ法王庁が昨年末、「戦争が生み出したもの」という言葉を添えた写真入りのカードを広く配布した。写真は米従軍カメラマンだったジョー・オダネル氏(2007年死去)が終戦直後の長崎で撮影したとされる。

 亡くなった弟を背負った少年が火葬場となっていた川岸で順番を待つ姿を捉えた一枚は、「焼き場に立つ少年」の名前で知られる。核兵器廃絶を訴えてきたローマ法王が配布するよう指示した。

 「困ったなー、と思ってね」。新年のあいさつもそこそこに深堀好敏さん(88)が切り出した。長崎原爆の…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1266文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 元「モー娘。」メンバー、立憲新人の市井氏が比例で落選
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです