メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/1 被写体、誰であろうと 「焼き場に立つ少年」捜し続け 深堀好敏さん(88)

「焼き場に立つ少年」が収録された写真集を眺め、撮影場所の見解を語る深堀さん

 ローマ法王庁が昨年末、「戦争が生み出したもの」という言葉を添えた写真入りのカードを広く配布した。写真は米従軍カメラマンだったジョー・オダネル氏(2007年死去)が終戦直後の長崎で撮影したとされる。

 亡くなった弟を背負った少年が火葬場となっていた川岸で順番を待つ姿を捉えた一枚は、「焼き場に立つ少年」の名前で知られる。核兵器廃絶を訴えてきたローマ法王が配布するよう指示した。

 「困ったなー、と思ってね」。新年のあいさつもそこそこに深堀好敏さん(88)が切り出した。長崎原爆の…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです