メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府大

指で吟じる百人一首 手話サークル考案

読み手(中央奥)が指文字で句を伝える百人一首=大分県別府市の別府大学で2018年1月11日午後5時24分、田畠広景撮影

 別府大学(大分県別府市)の手話サークルの学生らが、聴覚障害者でも楽しめるようにと、指文字で句を伝えて札を取り合う百人一首を考案した。吟じる声が聞こえない静かな戦いは独特の緊張感に包まれる。手話サークルHELLOの部長、同大2年、下鶴賢太郎さん(26)は「健聴者と聴覚障害者が交流できるきっかけになればうれしい」と話す。

     指文字は、ひらがなを指の形で表したもので、手話単語にない単語を表現する時などに使われる。下鶴さんは競技かるたの全国大会常連校、鶴丸高校(鹿児島)出身で「指文字で百人一首をしたら楽しいのでは」と提案。サークル仲間でやってみると、好評だったため、誰でも楽しめるようにルール化した。

     通常の競技かるたの半分の25枚の札で競い合う。読み手がよく見えるように、中央に並べられた札を中心に競技者が半円状に囲んで対決。句の読み手は1回目は指文字のみ、2回目は指文字に合わせて口だけを動かす。それでも取る人がいなければ、声に出して読み上げるという流れだ。

     今月11日には同サークルが学内で大会を開いた。会場には「パシッ」という札を取る音と拍手だけが響きわたり、白熱した試合が展開された。

     この日、個人戦に初挑戦した難聴の女子学生は、札2枚を獲得し「みんなと指文字でかるたができるなんて、うれしかった」と笑顔を見せた。部員の同大2年、児島祥太郎さん(21)は「指文字を練習する励みになるし、読み取りも上達する。遊びながら手話が学べて楽しい」と話した。

     現在、サークルの部員は26人。耳が不自由な部員もいる。練習を重ねるうちに、指文字だけで札を取れる人も多くなり、3回目が読まれることは、ほとんどないという。下鶴さんは「手話も一つの言語。百人一首の文化を指文字を通じて触れることで、新たな交流が生まれる機会を増やしていきたい」と話している。【田畠広景】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
    2. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    3. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    4. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
    5. 平昌五輪2018 スピードスケート 女子500 みんなの力 奈緒「世界一」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]