メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸山口組系幹部射殺

2被告、全面無罪主張 名古屋地裁

 名古屋市中区のマンションで2016年7月、指定暴力団神戸山口組系幹部が射殺された事件で、殺人や銃刀法違反などの罪に問われた指定暴力団山口組系傘下の組幹部、片倉竜理(たつまさ)(48)=名古屋市中川区=と別の山口組系傘下組織の元組員、三井樹(たつき)(48)=大阪市西成区=両被告の裁判員裁判の初公判が22日、名古屋地裁(奥山豪裁判長)であり、認否について片倉被告は「黙秘します」、三井被告は「ありません」と話した。弁護人はそれぞれ「有…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです