メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る

水谷隼を攻める張本智和=東京体育館で2018年1月21日、和田大典撮影

 2020年東京五輪で金メダルを目指す日本の卓球界に、史上最年少の国内王者が誕生した。21日の全日本選手権男子シングルス決勝で、14歳の張本智和(エリートアカデミー)が過去最多9回の優勝を誇る水谷隼(木下グループ)を圧倒。「最高の瞬間。これからは自分の時代にしたい」と力強く宣言した張本が試合後、コーチを務める父の宇(ゆ)さん(47)と固く抱き合って喜びを分かち合った。

 張本は得点のたびに上げる雄たけびと、体を大きく反らせる派手なポーズがトレードマーク。だが優勝を決め…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文898文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 大阪震度6弱 9歳女児が心肺停止 高槻
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 大阪府内を中心に17万件停電
  5. 大阪震度6弱 首相官邸に対策室設置 菅官房長官

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]