メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

水谷脱帽「誰も勝てぬ」 王者・張本、圧巻の成長

激しく攻める水谷=東京体育館で2018年1月21日、藤井達也撮影

 終始攻めて、主導権を握っていたのは張本の方。スコア以上の差があったことは、試合後の水谷の言葉が物語っている。

 「中国選手とたくさんの試合をしてきたが、張本は彼らと同じレベルにある。誰がやっても勝てない。張本が来る前に何回も優勝していてよかったなあと。それくらい強い」

 張本は得意のバックハンドで「あこがれの選手」である水谷を追い込んだ。フォロースルーがきれいに伸びるフォームから放たれたボールが、水谷のフォア側を抜けていく。フットワークの良い水谷…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 欧州委、難民新制度提案「負担分担を」 欧州委員長「現在の制度、機能していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです