メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大砂嵐事故

本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張

記者に囲まれてうつむく大砂嵐=東京・両国国技館で2018年1月21日午後11時23分、渡部直樹撮影

 日本相撲協会は21日の初場所8日目の取組終了後、東京・両国国技館に大砂嵐関と師匠の大嶽親方(元十両・大竜)を呼び出し、大砂嵐関の妻と弁護士も同席のもとで事情を聴いた。弁護士によると、追突事故を起こした当時、運転していたのは妊娠中の妻で、大砂嵐関は運転はしていないと主張。また、大砂嵐関は国際免許を取得しておらず、妻はエジプトで発行された免許で運転していたという。

 事故は1月3日に起こり、長野県警には7日に出頭した。弁護士を通じて、自動車をぶつけた相手への損害は大砂嵐関側が弁済した。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです