メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民族復興

台湾・シラヤ族の闘い/中 古文書解読の奇跡

シラヤ語の歌を歌う萬さん一家。右端から正雄さん、淑娟さん、淑娟さんの長女瑩緑さん、次女瑩穂さん、エドガーさん=台南市で

 台湾南部・台南市に住むシラヤ族の末裔(まつえい)、萬正雄(まんせいゆう)さん(74)一家は、シラヤ語復興のためローマ字で書かれたシラヤ語の古文書を集めた。2002年1月、正雄さんの娘婿でフィリピン人、エドガーさん(55)が古文書を見て発した言葉が一家を驚かせた。「大まかな意味なら分かるよ」

 エドガーさんの母はフィリピンの先住民ビサヤ族だ。ビサヤ語とシラヤ語は同系列の言語だった。「数字も1から10のうち七つが同じ。まるで兄弟のような言語」。エドガーさんは興奮ぎみに当時を振り返る。

 1991年、マニラに留学していた正雄さんの長女淑娟(しゅくえん)さん(54)と出会い、結婚。2人で…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです