メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1988年ソウル五輪。あの時、北朝鮮は妨害するため、女性工作員・金賢姫元死刑囚を使って大韓航空機爆破事件(87年11月29日)を起こした。30年たって……朝鮮半島の情勢はさらに複雑化している。

 北朝鮮は南北会談で「平昌冬季五輪に選手団を派遣する」と表明。国際社会に「対話と和解」のジェスチャーをことさら示した。多分「裏」がある。水面下の交渉で「約束事」がなければ、五輪という大事な“外交カード”を使うことはない。

 その「裏」が何なのか? 安倍内閣は正確に捉えているのか。中国、ロシアでは「南北会談が緊張緩和につな…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文892文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです