メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第72回毎日映コンの顔

/1 菅田将暉/長澤まさみ

=渡部直樹撮影

 2017年の映画界を彩った作品や俳優、スタッフを顕彰する「第72回毎日映画コンクール」の各賞が決まった。その中から、主だった受賞者たちの喜びの声を、4回にわたって紹介する。【木村光則】

 ◆男優主演賞 菅田将暉 「あゝ、荒野」

10キロ増量しボクシング練習

 前後編5時間超の長尺を熱量のある演技で駆け抜けた。「僕にとって映画はホーム。居場所にしたい世界で受け入れてもらえたのがうれしい」と受賞を喜んだ。

 寺山修司の小説が原作。映画では舞台を2021年の新宿に移し、テロらしき爆発が起きたり、ラブホテルが老人ホームになったりしている。「本当にこうなるのかと思うとぞっとするシーンも多かった。これから起こるであろう新宿の荒野。そうした風刺も込められているのかな」

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです