メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

「削れと堆積」への視線=和合亮一(詩人)

うまく操るだけで漕がなくても丸木舟は進む

一世紀を十世紀をさかのぼってみたい

一万年十万年をさかのぼってみたい

土地の削れと堆積を同時に見たい

 手のひらに乗るようなサイズで言葉がぎっしりと詰まっている。少し厚めの管啓次郎の新刊『数と夕方』(左右社)が届いた。かつて旅の空で、あるヨーロッパの詩人が小さな手帳を開いて、びっしりとメモしている場面を見かけたことがある。そんな印象をふと懐かしく想(おも)い起こした。持ち運びやすい軽快な印象がある。異郷の生活や文化に精通して、都市や近郊を常に往(い)き来している行動派のこの詩人の伸びた背中が見えてきたような気がした。

 「起きなさい、目を覚まして/心があの洞窟を思い出す前に/いま起きれば、ぼくの部屋を起点とする/風の旅にきみも乗ることができるよ」。彼はこれまで、地・水・火・風などの元素を大きな主題に据えた詩作に、ずっとこだわり続けてきた。遠い空と雲の光に誘われるがごとく、漂泊の思いに駆り出されて風景を横断してきた日々がそこにあった。読むほどに詩のスケールの大きさが伝わる。正に小さな巨人のような一冊である。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです