メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖

硝酸量を推定 名大研究チーム、手法開発

 植物や植物プランクトンの光合成に欠かせない硝酸を巡り、琵琶湖内で微生物が作り出す硝酸の量の推定手法を開発したと、名古屋大の角皆潤教授らの研究チームが22日付の米科学誌電子版に発表した。角皆教授は「他の湖や海にも応用でき、硝酸過多で起きる富栄養化や生態系変化の原因究明につながる」としている。

 硝酸は河川や雨を通じて湖に流入するほか…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文367文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 競泳 古賀淳也がドーピング陽性 アジア大会代表取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]