特集

第80期名人戦

第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-久保利明王将 第40局の1

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

突然の大混戦

 年の瀬のわずか2週間足らずの間にA級の様相が一変した。全勝で快走していた豊島が7、8回戦で久保(12月8日)、渡辺(同15日)に連敗。2敗で追走していた羽生も同21日に稲葉に敗れて3敗に後退。挑戦者争いは2敗はもちろん、3敗、状況によっては4敗組にもチャンスが出てきた。

 あっという間に大混戦と化したA級戦線でがぜん注目を浴びることになったのが久保である。この時点で豊島と並んで2敗。なんといっても7回戦で豊島に土をつけた一番が大きかった。

 ここまで3勝3敗の広瀬も挑戦者争いのキーパーソンになりそうな棋士である。本局、また最終戦には豊島との直接対決が控えており、自力でのプレーオフ、さらには挑戦が見込める状況だ。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文909文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集