メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

9万羽、県が焼却終了 ペール缶110トン、さぬき市内外で /香川

 さぬき市の農場で高病原性鳥インフルエンザウイルスを持つ鶏が見つかった問題で、県は22日、殺処分した約9万1000羽の焼却をすべて終えた。今後、近隣農場を含めて新たな発生がなければ、30日にも3~10キロ圏の搬出制限区域、2月5日にも3キロ圏の移動制限区域を解除する。

 焼却作業は15日、香川東部溶融クリーンセンター(さぬき市)で始まり、その後、高松市や坂出市、琴平町にある一般廃棄物処分場も加わった。家庭ごみなどの一般廃棄物に、鶏を入れたプラスチック製ペール缶を10%を上限に混入させて燃やした。

 県畜産課によると、22日午前11時26分、最後のペール缶が炉へ投入された。焼却されたペール缶は計4…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん、ラジオで「今は話したいとは思わないので、機会があれば…」 欅坂46脱退

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです