メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

9万羽、県が焼却終了 ペール缶110トン、さぬき市内外で /香川

 さぬき市の農場で高病原性鳥インフルエンザウイルスを持つ鶏が見つかった問題で、県は22日、殺処分した約9万1000羽の焼却をすべて終えた。今後、近隣農場を含めて新たな発生がなければ、30日にも3~10キロ圏の搬出制限区域、2月5日にも3キロ圏の移動制限区域を解除する。

 焼却作業は15日、香川東部溶融クリーンセンター(さぬき市)で始まり、その後、高松市や坂出市、琴平町にある一般廃棄物処分場も加わった。家庭ごみなどの一般廃棄物に、鶏を入れたプラスチック製ペール缶を10%を上限に混入させて燃やした。

 県畜産課によると、22日午前11時26分、最後のペール缶が炉へ投入された。焼却されたペール缶は計4…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
  3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
  5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです