メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

関東、平野部で積雪 4年ぶり、23区20センチ超

雪が降り積もる渋谷のスクランブル交差点を歩く人たち=東京都渋谷区で22日午後8時4分、宮武祐希撮影

 日本列島は22日、本州の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、関東地方を中心に大雪となった。東京都心の午後11時現在の積雪は23センチで、27センチの積雪があった2014年2月以来、4年ぶりに20センチを超えた。気象庁は関東甲信などに大雪警報を発表。23日朝も厳しい冷え込みとなる見通しで、路面凍結や交通の乱れに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、関東甲信では22日昼過ぎから雪が激しくなった。同日午後11時現在の各地の積雪は、前橋市28センチ▽宇都宮市27センチ▽水戸市、埼玉県熊谷市19センチ▽横浜市18センチ--など。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです