メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
通常国会

どうなる「働き方」改革 法案提出へ 政府、8関連法を一括 野党、連携模索の動き

 通常国会で与野党の激しい対立が予想される「働き方改革関連法案」。政府は労働時間規制の強化だけでなく、高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の創設など、規制緩和も含めた8種類の労働法規の改正を一本化して提出する方針だ。野党は「残業代ゼロ法案」などと反発しており、対案を示して抵抗する構えだ。【古関俊樹】

 法案には、昨年春に政労使が合意した残業時間の上限規制が盛り込まれる。労使協定(36協定)で定める残…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1044文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです