メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

首相施政方針演説 総裁選にらみ手堅く 改憲へ、野党批判封印

 安倍晋三首相は施政方針演説で、「働き方改革」や中小企業対策、教育の貧困問題など、従来の経済政策で補えなかった課題に取り組む姿勢を示した。アベノミクスへの不満にも目配りし、着実に実績を積み重ねると強調。宿願の憲法改正でも「自衛隊明記」などの持論には言及せず、野党批判も封印した。9月に予定される自民党総裁選での3選と改憲の実現に向け、手堅さをアピールした形だ。

 「最大の焦点は働き方改革だ。そして人づくり革命、生産性革命。少子高齢化を乗り越えるために大きな課題…

この記事は有料記事です。

残り2142文字(全文2372文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです