メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

雪道の歩き方は? 足裏全体で着地 転倒で脳挫傷の危険も=回答・永山悦子

2014年2月の大雪後に水浸しとなった道路を歩く人たち=東京都渋谷区で、手塚耕一郎撮影

 なるほドリ 雪が積もると転(ころ)びそうで怖いね。どうして雪道は転びやすいの?

 記者 日本転倒予防学会(にほんてんとうよぼうがっかい)によると、転びやすい場所は「ぬ・か・づけ」と覚えるとよいそうです。「ぬ」はぬれているところ、「か」は階段・段差、「づけ」は片付けていないところ。雪道は雪が解けて水でぬれているため滑(すべ)りやすく、転びやすいのです。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです