メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

ネオ・ナショナリズム/新しい経済学/角界暴行問題

排外主義的なデモに抗議の声を上げる市民ら。「ネオ・ナショナリズム」に抗する動きも広まりつつある=川崎市中原区で2017年7月16日、後藤由耶撮影

 韓国政府の慰安婦問題についての日韓合意を巡る動きと日本側の反発など、相変わらず各国のナショナリズムが刺激し合う事態が続いている。現代世界に広がる「ネオ・ナショナリズム」の背景を遠藤乾・北海道大教授が論じた。水野和夫・法政大教授は、最新の経済学者の主張から新自由主義的な経済との決別を主張する。ジャーナリストの森健さんは、角界の暴行問題報道が長引く理由などを分析した。

この記事は有料記事です。

残り4325文字(全文4509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

  4. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです