メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通常国会

施政方針演説 野党、足並みそろうか あすから代表質問

第196通常国会開会式に臨む立憲民主党の枝野幸男代表(右)と希望の党の玉木雄一郎代表(左奥から2人目)=国会内で22日、川田雅浩撮影

 国会は24日から、安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が始まる。野党は、憲法に自衛隊を明記する首相の改憲案や「働き方改革」関連法案などで対決姿勢を強めている。ただ、野党には連携を巡る混乱の余波が残っており、法案対応などでどこまで足並みをそろえられるか問われることになりそうだ。【光田宗義、真野敏幸】

 立憲民主党の枝野幸男代表は22日、首相が演説で国会の憲法審査会で改憲案の議論を深めるよう促したのに…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文776文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです