メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「アラブの春」から7年=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 市民がインターネット交信による情報をもとに、特定の時間帯に決められた場所にくり出した政府批判活動で、独裁政権が相次いで崩壊した「アラブの春」から7年が経過した。共産主義政権が東欧で倒れた四半世紀以上前は「ビロード革命」、7年前のチュニジアは「ジャスミン革命」と呼ばれた。ところが今年1月14日のベンアリ政権崩壊の記念日には、再び政府批判のデモが発生した。

 「アラブの春」に身構えた国のひとつがイランだった。その2年前の2009年には、大統領選挙に不正を感…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文705文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです