メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018冬/2 新たな被害者、今も 北朝鮮核実験、住民気にかけ 豊永恵三郎さん(81)

北朝鮮や韓国に住む被爆者に思いを寄せる豊永恵三郎さん=広島市中区で12日

 在韓被爆者の支援に長年携わってきた被爆者の豊永恵三郎さん(81)は今月9日、広島市内の歯科医院の待合室で、毎日新聞朝刊1面の記事を見て重い気持ちになった。「やっぱり新たな核被害者が生まれているんだな」。北朝鮮の地下核実験場付近に住み、2度の核実験後に脱北した元住民2人に、原爆被爆者にみられるような染色体異常が生じているとのニュースだった。

 豊永さんは実態がつかめない北朝鮮の被爆者を気にかけてきた。「これを見てみなさい」。カバンから取り出…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  3. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです