メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

Promises・2020への約束 筋力自慢対談 レスリング・文田健一郎/重量挙げ・糸数陽一

それぞれの競技のポーズを取る文田(左)と糸数=根岸基弘撮影

 <東京五輪まであと913日・パラリンピックまであと945日>

向上心、源に「金」を

 競技の枠を超えて2020年東京五輪・パラリンピックへの思いを語り合う「Promises 2020への約束」は昨年の世界選手権で長いブランクを埋めた筋力自慢の2人が顔を合わせた。レスリング男子で34年ぶりに金メダルを獲得した文田健一郎(22)=日体大=と、重量挙げ男子で銀メダルを獲得して36年ぶりの表彰台に上がった糸数陽一(26)=警視庁。世界で活躍してともに感じたのは「東京での金メダル」への強い思い。あくなき向上心が2人の強さの源だ。【構成・松本晃、小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2875文字(全文3149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです